INSIDER BLOG

(インサイダーブログ)

July 3, 2016

By まな

雑貨屋さんや人気のレストランの立ち並ぶ SE Division St にある Lauretta Jean’s (ロレッタ⋅ジーンズ)はパイ屋さん。

春先はルバーブと苺、初夏はベリー、秋冬はアップルなど季節感のあるパイ、クラシックなピーカンパイにはバーボンも入っていたり、チョコレート⋅チェスパイはチョコレートのカスタードのパイです。お好みで、ホイップクリームを乗せてもらったり、特にオススメはパイを温めてもらってア⋅ラ⋅モード(バニラアイス)を乗せてもらったりもできます。アイスクリームが溶けきらないうちにフルーツの酸味とバニラの甘味、ほんわり温かいパイと冷たいアイスの組み合わせは最高です。

また冷蔵ショーケースに置かれているのはクリームパイたち。チョコクリーム、ココナッツクリーム、バナナクリーム、アプリコット⋅アーモンドパイ。どれも目移りしてしまいます。

甘党ではない人も季節の野菜と地元のチーズを使ったスクランブルエッグや、キッシュ、ビスケットサンドイッチなどもあります。

営業時間は日曜ー木曜は朝8時から夜10時まで、金土は朝8時から夜11時まで。Happy hour は5時から7時です。ビールやワインも置いてあるので、朝、昼、晩と美味しいパイが食べられます。

Lauretta Jean’s

3402 SE Division St.

Sun-Thur  8am-10pm

Fri & Sat   8am-11pm

Happy Hour 5pm-7pm

503-235-3119 

July 3, 2016

Byジーヨン

コーヒーがブームになっている場所ならコーヒー友も一緒にブームになるはず。今年初めごろオープンしたワンエイティー(180)はポートランド初のスペイン本場チュロス専門店です。名前は、スペイン風ドーナツのチュロスを揚げる油の温度から由来しました。

スペインではモーニングメニューでも有名ですし、なんと二日酔い覚め用のメユーでもあるそうです。普段知れ渡っているチュロスは、メキシカンのこってりして強烈な甘さを持ちますが、バルセロナ風のここのチュロスは、現場で揚げるやさしく上品な味なのでご安心ください。地元のローカル・ロースティング・カンパニーのコーヒーを使っているため、コーヒーも是非おすすめです。

チュロスに入れるチョコレートもローカルのコカーニュのチョコを使っています。オープンキッチンなのでチュロスを揚げているのも見学できますので、お子様連れなら楽しい場所になるかも。

Please reload

タッグ

Please reload

Suivez-Nous!

  • Black Instagram Icon
  • Facebook Basic
  • Twitter Basic

A Slabown Language Works, LLC project.  All rights reserved.